この戦いにやり過ぎはない。

この戦いにやり過ぎはない。
人定まれば天に勝ち、志一なれば気を動かす」(菜根譚)
「人々の気持ちが定まれば天変地異にも耐えられる、全員の思いが一つになれば全体の動きを変えられる」


WHOと日本政府の失策 厚生労働省・国立感染症研究所・日本感染症学会の無知には開いた口が塞がらない。またジャーナリストも無知 発信不足 現実を見ていない 肩書の立派な人が「健康な人にマスクは不要」など発言し 感染の拡大につながった。

 

知識はあっても知恵のない感染症の専門家に間違った発言が多い。この時「日本政府がマスク工場を作らなければいけない PCR 検査キット・防護服はあるのか」など言った人は一人もいなかった。外国からの帰還者の隔離を厳しく言う人もいなかった。

誰も感染拡大の政府の失策をその都度厳しく指摘していない。


PCR検査の少なさが 感染者と分からず医療従事者が治療し医療崩壊につながった。 大阪府の十三市民病院をコロナ専門病院にしたのは素晴らしい政策で
各自治体はまねをするべき。 

諸外国の対応にも参考になるものが多く 日本は参考にすることができたのに無駄な時間を費やした。台湾・韓国のコロナ対策 緊急事態宣言後の各企業への保障対策などイギリス・ドイツ・フランスを真似てやれば簡単なのになぜできないのか。

国会審議が多くただ時間が過ぎていくだけ。

「船頭多くして船山に上る」無能な国会議員が多く定数は削減すべき、立憲・高井衆院議員などは辞職勧告を早急に行い国家予算の無駄を省く。


神が怒った感染症か 地球規模での二酸化炭素の削減 窒素化合物の削減が起こっている。


厚生労働省・通産省の既得権益をなくす良い機会ではなかろうか。 中国に「庇を貸して母屋を取られる」事例には枚挙にいとまがない。


日本政府はマスク不足・防護服不足・隔離失敗・PCR検査の不足・ガバナンス、コンプライアンスの不足 
加藤勝信厚生労働大臣 厚生労働省の既得権益を打破するべきだ。
西村康稔大臣 二兎を追う者は一兎をも得ず 経済とコロナ対策 できるわけがない。


「マスク・防護服の不足 隔離ができていない」と議員が声高に言わなかったのはなぜなのか国会での検証が必要 

医療関係者の方々には感謝しかない。