歯磨き

歯を磨くとき、どんなものを使って磨いていますか?

歯ブラシだけで磨いた場合、歯と歯の間の汚れが取り切れず約50%の汚れしか落とせないと言われています。

そこで歯と歯の間の汚れを落とすために、フロス(糸ようじ)歯間ブラシなどを使って汚れを落とす必要があります。

🔰歯磨きの順番🔰

①フロス(糸ようじ)や歯間ブラシを使って歯と歯の間の汚れを落とす

【フロス】
左:指に巻き付けて使うタイプ
右:柄がついているタイプ

【歯間ブラシ】・・・歯と歯の間が広い方のみ、自分のサイズに合ったものを使ってください。

写真はゴムタイプ(ゴムなので歯茎を傷つけにくくマッサージ効果もあります)
他にもワイヤーにブラシが付いたタイプもあります。

 

②次にフッ素入りの歯磨き粉を使って歯ブラシで磨く

👄この順番で磨くことでフッ素が歯と歯の間まで浸透し虫歯予防の効果が高まります。

磨いた後は必ず舌で全体を舐めてみて、歯の表面がツルツルしているか確認しください👍
ヌルっとしているところや、ざらざらしているところがあると磨き残しがあるという事なのでその部分を再度磨くようにしてください👅

フロス(糸ようじ)や歯間ブラシは、歯を磨くとき毎回使えるのであればつかっていただくのが一番ですが、朝時間がなかったり、お昼は出先だったりで毎回は難しい場合は1日1回は必ず夜にフロス(糸ようじ)や歯間ブラシを使ってキレイにしましょう。

歯磨きは虫歯や歯周病の予防の基本です。

毎回気を付けて磨いていても100%汚れを落とすことはできません。

3カ月に1度は歯科医院でお口の中のクリーニングを受けましょう。

 

歯肉マッサージ

歯周病予防のためには…

①原因となる汚れを落とすこと!

②生活習慣を整えること!もちろんタバコも良くありません!!

③歯肉マッサージ!

これらが重要です!!

 

『歯肉マッサージ』ってしたことありますか?

歯肉の血流が低下すると、歯肉に必要な栄養や酸素が不足したり、免疫がうまく働かなかったりして歯周病の原因になります。

そこで指で歯肉をマッサージして刺激を与えることで血行が良くなり歯周病の予防や改善につながります。

【マッサージの方法】

指で歯肉全体に円を描くようにゆっくり圧をかけながらマッサージします。

歯肉を親指と人差し指でつまむようにマッサージするのも効果的です。

ポイント💡

心臓の鼓動と同じくらいの速さでゆっくりマッサージすることです!!

結構マッサージスピードがはやい方が多いです😂

※マッサージ用のペーストや粗塩を水で溶かしたものを指に付けてマッサージするとより効果的です!!

当院では「歯肉活性化ペースト リペリオ」を使ってマッサージすることをおススメしています!

リペリオの場合はペースト1cm程で上下マッサージできる量です。

『リペリオは配合成分により歯肉を活性化し、血行促進することでコラーゲン、エラスチンを増殖し、歯肉にハリと弾力を与えます。また血行促進することで歯肉を引き締めます。』

最近ではスーパーでも見かけるようになったので是非一度試してみてください😊

 

タブレットで健康な体に

今回は当院でも人気のタブレット、バイオガイアプロデンティスを紹介します。

30錠入りの爽やかなミント味のタブレットです。

プロデンティスとは・・・

人口腔細菌由来の「L.ロイテリ菌」(天然乳酸菌)からできているものです。

乳酸菌とは・・・

腸内環境を整えて代謝を上げる作用があります。

就寝中は唾液の量が少なくなり乾燥していて菌にとって最適な状態ですので、歯磨きをした後にゆっくり舐めながらお召し上がりください。

このような方におすすめ

◎歯肉からの出血や炎症が気になる(歯周病)

◎口臭が気になる

◎唾液の量が少ない

定期的に購入することをおすすめしますが、気になった方はぜひ一度食べてみてください*

バイオガイアのタブレットで体全体を健康にしましょう!☺︎