食事表チェック!!

当院では必要な患者さんにはお手数ではありますが、4日間の食生活を確認させていただくため食事表の記入をお願いしています✋

歯医者で食事表?それって必要なの?
と、思われる方もいらっしゃると思います😑

歯の治療と食事表どんな関係があるのか?

以前にもブログでもご紹介しましたが、歯に必要な栄養素はこれだけあります‼

そのため食事内容が偏っていたり、バランスがとれていないと歯周病が進行してしまいます😱

また睡眠・起床時間が日によってバラバラだったりすると、体内時計が乱れてしまい睡眠リズムが乱れたり、慢性的な時差ボケのような状態になってしまうため、疲労がとれなかったり、日中の活動が制限されてしまったりと、様々な影響が出てきてしまいます😭

そうなると免疫力が落ちて、結果、歯周病に大きく影響してしまいます‼

他にも、甘いものの摂り方などもチェックさせていただきます🍰🍩🍫🍬🍭

ダラダラちょこちょこ食べていると、その間ずっと口の中が汚れた状態になり唾液の緩衝作用が追い付かず、結果、虫歯の原因になります‼

このように食事表をチェックさせてもらうことで、今のお口の中の状態の原因(虫歯が多い、歯周病が進行しているなど)が分かることで、どうすれば改善できるかをアドバイスさせていただく一つの方法になります💡

実際に、歯の磨き方はもちろん、食事や生活習慣のアドバイスをさせていただいた患者さんから・・・


・歯のグラグラが少しずつおさまって、歯茎の色もとてもきれいになりました‼

・顔色のくすみがマシになってきました‼

・風邪を引きにくくなった‼

・体調がよくなった‼

などのお声を頂いています🤗

 

歯ブラシをチェックしよう

こんにちは、今回は歯ブラシの交換時期について説明します。

歯ブラシは、長く使っていると毛先が広がってしまってきちんと汚れが取れないようになってしまうことがあります。なので定期的なチェック交換が必要になります。

チェックの方法は、歯ブラシを毛先の反対側から見ます。毛先が広がって横からはみ出た状態だった場合は交換時期を指します。

歯ブラシの交換時期の目安は1ヶ月程度と言われていますが、毛先が広がった状態の場合はすぐに交換することをおすすめします。

新生活が始まる季節なのでこれを機にみなさんも歯ブラシのチェックをしてみませんか?

当院では、患者様に合った歯ブラシや清掃用具などのアドバイスも行っておりますので気になった方はぜひご相談ください。

フッ素入り歯磨剤の効果を高める使用方法

みなさん毎日のブラッシング時、歯磨剤はフッ素入りのものをお使いですか?

フッ素には歯の再石灰化作用があるため歯が溶けにくくなり虫歯予防効果が高まります!

今は薬局で市販されているものにもほとんどフッ素が入っていると思います。

そんなフッ素入り歯磨剤の効果を高める使用方法をご紹介します♪

口腔内のフッ素濃度が高く保持されるほど虫歯予防効果は高まるので、

いかに「口腔内のフッ素濃度を高く維持するか」がポイントです!

使用後の洗口

過度の洗口を避ける

25ccの水を口に含んで34秒間ブクブクして吐き出します。これを23回繰り返して終了としてください。(使用する水の量は全部でコップ3分の1程度)

使用回数・時間

虫歯が発生しやすい環境がつくられる「就寝」前及び「毎食」後。12回以上使用する。

・少なくとも「就寝前」と「朝食後」に12

・できれば「昼食後」に使用することをお薦めします13

・さらに「夕食後」を追加すると14

さらに効果的に

・使用中の途中吐き出しはできるだけ回数少なめに

・使用後1時間を目安に飲食は控えてください(就寝前は1時間経過後もできるだけ食べない)

・継続使用するとより効果的

・歯磨剤を使わずに長時間ブラッシングやながらみがきをしたい人はブラッシングが終了してから再度、フッ化物配合歯磨剤を歯ブラシにつけて、歯全体に塗布するようにブラッシングする

以上のことに気をつけて使用してみてください(^^)

毎日のケアで虫歯を予防しましょう!

寒い時期の歯磨き

11月も終わりに近づき、朝晩の冷え込みが辛い季節になってきました!

私も家で毛布を出したり、コートを新調したりと冬支度を進めています。

 

これからより一層寒くなってくると、長時間洗面台の前に立って歯磨きをするのがつらくなってくると思います(>_<)

そうなると歯磨きの時間が少なくなってしまったり、歯間ブラシや糸ようじを省きたくなったりするのではないでしょうか?

そんなときにオススメなのが、

お風呂での歯磨きです。

私も冬場は良くしています!

お湯につかりながら体もまるし、

お風呂の時間でできるので、お風呂あがりに違うことに時間が使えて

一石二鳥です♫

何もせず長湯するのが苦手な方でもゆっくり浸かることができるので

免疫力アップにも繋がります!

お風呂につかりながらだと、

リラックスした状態で鏡をみながらすれば、いつもより丁寧に長く歯磨きができるのではないでしょうか?

そうすればお口の中も清潔に保てて、感染症対策や体調を崩しやすい冬場の健康のためにもなると思います(^^)

是非お風呂での歯磨きを試してみてください(╹◡╹)

定期健診の大切さ!!

当院ではお口の中の状態が安定していて問題のない方でも、3カ月毎の定期検診に来ていただくことをおススメしています😊

なぜ3ヵ月毎の定期検診が必要なのか?

①初期虫歯、咬み合わせの異常、歯周病の進行がないのかチェックで
 きます。
 初期の異常には自覚症状がほとんどなく、放置しがちです。早期に処置するこ
 とで改善します。

②歯垢の状態から甘いものが増えたりしていないか、磨き残しがない
 かのチェックをします。
 来院後3カ月以上経つと少しずつ歯みがきが苦手になってきます。そこで、一
 緒に苦手部位の再確認をしましょう。

③歯ぐきや粘膜の状態から体の色々なサインを知ることが出来ます。
 疲れ、ストレス、貧血、薬による副作用など、歯から全身に至るまで様々な健
 康管理のアドバイスをさせていただきます。

④歯のクリーニングをすることによって細菌の数が減り、歯周病と虫
 歯の予防ができます。
 クリーニング後、約3カ月でお口の中の細菌はもとの状態に戻ってしまいま
 す。

健康な歯を保つためには、毎日のセルフケアと3カ月に1度の定期検診がとても大切です!!