親知らずは抜いた方が良い?

親知らずは18歳〜20歳頃に1番奥に生えてくる永久歯です🦷

一般的には上顎の左右2本と下顎の左右2本の計4本ありますが、元々親知らずのない人や、必ずしも4本が揃っていない人など個人差があります‼

親知らずは抜いた方がいいのか?

親知らずだから全て抜いた方がいいと言うわけではありません‼正常に生えて上下がしっかり噛んでいる場合や、手前の奥歯などが抜けてしまってない場合などは、その部分を補う為のブリッジなどの土台として利用できる為残して置いた方が良いこともあります✋

では、抜いた方がいい場合、抜かなくてもいい場合とはどんな時なのかと言うと。。🤔

《抜いた方がいい場合》

☝横向き、斜め向きに生えている場合

横向き、斜め向きなど他の歯と違う生え方をしていると汚れが溜まりやすい部分ができて虫歯や歯周病の原因となります。また親知らずが隣の歯を押すことで歯並びが悪くなったり、歯が弱くなったりする可能性があります。

☝虫歯や歯周病になっている場合

親知らずが虫歯や歯周病になってしまうと、周りの健康な歯にも影響してしまう可能性があります。ただ虫歯や歯周病の症状が軽度であれば治療した上でそのまま残すことが可能な場合もあります。

《抜かなくていい場合》

✋キレイに生えており、歯として機能している場合

上下きれいに生えており、噛み合わせに問題がない場合は、抜歯の必要はありません。また状態の良い親知らずは他の奥歯が何らかの理由によって抜かなければならない場合にその部分へ移植できる可能性もあります

✋完全に埋まっている場合

顎の骨の中で完全に埋まった状態で動かないものもあります。このような場合は他の歯などに悪い影響がないと判断されればあえて抜く必要はありません。

抜いた方がいい親知らずは早めに抜いたほうがいい‼

その理由は🤔

①歯磨きがしにくく、隣の歯の虫歯リスクが高まる‼

②汚れが溜まりやすく歯茎に炎症を起こしやすい‼

③歳をとってからの親知らずの抜歯は身体の負担が大きくなる‼(若いうちに抜歯すると回復力がはやく、傷の治りもはやいため)

④女性の場合は妊娠中の親知らずのトラブルが起こりやすくなる‼(妊娠中はホルモンバランスによる免疫力低下などで、虫歯や歯周病など、歯茎が腫れたり痛みが出たりしがちです。通常時であれば抗生物質や痛み止めを服用することで、痛みや炎症を抑えることはできますが、妊娠中は薬剤の服用も慎重にならなければなりません。そのため将来妊娠を希望する女性の方は、できるだけ早い時期に親知らずを抜歯しておくほうがよいでしょう。)

一人一人お口の中の状態も違いますので、気になる場合は一度歯科医院でご相談ください😊

FK

シーラント

生えてきたばかりの永久歯は溝が深く歯垢や汚れが溜まりやすいうえに、高さも不揃いで上手に磨くことが出来ません。

さらに歯質も柔らかく、歯垢や汚れをそのままにしておくとすぐに虫歯になってしまいます😖

そこで『シーラント』という処置を行うことで虫歯の予防に効果があります‼

シーラントとは・・・生えてきたばかりの永久歯の溝の深いところにセメン   
           トを埋めることで、歯垢や汚れを溜まりにくくし、虫歯 
           になってしまうのを防ぐための処置です。

歯は虫歯になると二度と元には戻りません💦

永久歯が生えそろうまではこのシーラント処置は虫歯予防に効果的な処置です😊

子供の歯みがき

歯の生え変わりの時期を『混合歯列期』と言います。

乳歯が抜けて永久歯が生えてくるこの時期は、すきっ歯になったり、歯の高さが違うだけでなく、生えたての永久歯は乳歯に比べると、溝が深く柔らかいのでとても虫歯になりやすいです😭

虫歯を防ぐためには・・・

☝正しいおやつの摂り方、

☝毎日の歯みがき✙仕上げ磨き、

☝定期的に専門的な清掃と予防処置

がとても大切なのです。

混合歯列期はお子さん自身が歯を磨くのはもちろんのことお家の方の『仕上げ磨き』が大切です。

大人の歯が生えそろうまでは毎日お口の中をチェックし、仕上げ磨きをしましょう😊

【仕上げ磨きの姿勢】
お子さんの口の中が良く見えるような状態で、明るい場所で寝かせ磨きがベストです!

【歯ブラシの持ち方】
力の入り過ぎないペングリップで、手首の動きをコントロール!

お子さんの集中力が続くよう、短い時間で手早く磨きましょう😊

食事表チェック!!

当院では必要な患者さんにはお手数ではありますが、4日間の食生活を確認させていただくため食事表の記入をお願いしています✋

歯医者で食事表?それって必要なの?
と、思われる方もいらっしゃると思います😑

歯の治療と食事表どんな関係があるのか?

以前にもブログでもご紹介しましたが、歯に必要な栄養素はこれだけあります‼

そのため食事内容が偏っていたり、バランスがとれていないと歯周病が進行してしまいます😱

また睡眠・起床時間が日によってバラバラだったりすると、体内時計が乱れてしまい睡眠リズムが乱れたり、慢性的な時差ボケのような状態になってしまうため、疲労がとれなかったり、日中の活動が制限されてしまったりと、様々な影響が出てきてしまいます😭

そうなると免疫力が落ちて、結果、歯周病に大きく影響してしまいます‼

他にも、甘いものの摂り方などもチェックさせていただきます🍰🍩🍫🍬🍭

ダラダラちょこちょこ食べていると、その間ずっと口の中が汚れた状態になり唾液の緩衝作用が追い付かず、結果、虫歯の原因になります‼

このように食事表をチェックさせてもらうことで、今のお口の中の状態の原因(虫歯が多い、歯周病が進行しているなど)が分かることで、どうすれば改善できるかをアドバイスさせていただく一つの方法になります💡

実際に、歯の磨き方はもちろん、食事や生活習慣のアドバイスをさせていただいた患者さんから・・・


・歯のグラグラが少しずつおさまって、歯茎の色もとてもきれいになりました‼

・顔色のくすみがマシになってきました‼

・風邪を引きにくくなった‼

・体調がよくなった‼

などのお声を頂いています🤗

 

口臭の原因と予防法

口臭が気になったことはありますか?

今回は、口臭の原因と予防法についてお話しします✋

口臭原因① 歯周病・虫歯によるもの
食べカスや歯垢・歯石などの汚れをそのままにしておくと、口の中の細菌が増え、歯茎には炎症が起こり、歯みがきの時などちょっとした刺激で容易に出血す る状態になります。歯は虫歯になり、進行すると神経に炎症が起こり、口臭がひどくなります。

〖予防法〗虫歯はしっかり治療し、毎日のやさしい丁寧な歯磨きと3カ月に1
       度の定期検診を受けましょう!   
           
    

口臭原因② 舌の苔によるもの
舌の上にも細菌の塊である舌苔がたまり、口臭の原因になります。

〖予防法〗舌専用のブラシを使って、1日1回朝にやさしく奥から手前に3回
      程度磨きましょう。
     
   

口臭原因③ お口の乾燥によるもの
お口の中が乾燥すると細菌が増え、虫歯や歯周病になりやすくなります。原因は「ストレス・口呼吸・薬の副作用」などによる唾液の分泌の減少と考えられます。

〖予防法〗キシリトールガムや殺菌作用のある緑茶でのうがいなどを心掛け
       け、常にお口の中の潤いを保ちましょう。唾液の分泌を促すマッ
       サージも有効です。
     
    

口臭原因④ 生理的な口臭
起床時や空腹時・疲労時・緊張時に起こります。
これは唾液のぶんぴつが減少し、細菌が増殖して口臭の原因物質がたくさん作られるためです。


〖予防法〗人間であれば誰にでも起こりうることなので気にしないことで
       す。エチケットとして口臭を消すよう、唾液分泌を促すようキシ
       リトールガムやキシリトールタブレットなどを利用するのが良い
       でしょう。   
   

【自分で出来る口臭予防法】

〈緑茶うがい〉
緑茶に含まれる“カテキン”には殺菌・消臭効果があります。

〈キシリトールガム〉
口臭が気になるときに、噛むと効果的です。噛むことで唾液が分泌され口臭予防になります。虫歯にならないよう、糖類0のものを選びましょう。

〈昆布〉
お料理に使う“だし昆布”を適度な大きさにし、噛まずに舐めてください。(おしゃぶり昆布ではありません)唾液の分泌量を増やします。また昆布に含まれるグルタミン酸は母乳にも含まれている成分で、気持ちを落ち着かせる効果があります。リラックスすることで唾液の分泌がスムーズになります。

口臭のほとんどは、お口の細菌によるものです。
細菌を減らすために、お口の中を清潔に保ちましょう。