親知らずは抜いた方が良い?

親知らずは18歳〜20歳頃に1番奥に生えてくる永久歯です🦷

一般的には上顎の左右2本と下顎の左右2本の計4本ありますが、元々親知らずのない人や、必ずしも4本が揃っていない人など個人差があります‼

親知らずは抜いた方がいいのか?

親知らずだから全て抜いた方がいいと言うわけではありません‼正常に生えて上下がしっかり噛んでいる場合や、手前の奥歯などが抜けてしまってない場合などは、その部分を補う為のブリッジなどの土台として利用できる為残して置いた方が良いこともあります✋

では、抜いた方がいい場合、抜かなくてもいい場合とはどんな時なのかと言うと。。🤔

《抜いた方がいい場合》

☝横向き、斜め向きに生えている場合

横向き、斜め向きなど他の歯と違う生え方をしていると汚れが溜まりやすい部分ができて虫歯や歯周病の原因となります。また親知らずが隣の歯を押すことで歯並びが悪くなったり、歯が弱くなったりする可能性があります。

☝虫歯や歯周病になっている場合

親知らずが虫歯や歯周病になってしまうと、周りの健康な歯にも影響してしまう可能性があります。ただ虫歯や歯周病の症状が軽度であれば治療した上でそのまま残すことが可能な場合もあります。

《抜かなくていい場合》

✋キレイに生えており、歯として機能している場合

上下きれいに生えており、噛み合わせに問題がない場合は、抜歯の必要はありません。また状態の良い親知らずは他の奥歯が何らかの理由によって抜かなければならない場合にその部分へ移植できる可能性もあります

✋完全に埋まっている場合

顎の骨の中で完全に埋まった状態で動かないものもあります。このような場合は他の歯などに悪い影響がないと判断されればあえて抜く必要はありません。

抜いた方がいい親知らずは早めに抜いたほうがいい‼

その理由は🤔

①歯磨きがしにくく、隣の歯の虫歯リスクが高まる‼

②汚れが溜まりやすく歯茎に炎症を起こしやすい‼

③歳をとってからの親知らずの抜歯は身体の負担が大きくなる‼(若いうちに抜歯すると回復力がはやく、傷の治りもはやいため)

④女性の場合は妊娠中の親知らずのトラブルが起こりやすくなる‼(妊娠中はホルモンバランスによる免疫力低下などで、虫歯や歯周病など、歯茎が腫れたり痛みが出たりしがちです。通常時であれば抗生物質や痛み止めを服用することで、痛みや炎症を抑えることはできますが、妊娠中は薬剤の服用も慎重にならなければなりません。そのため将来妊娠を希望する女性の方は、できるだけ早い時期に親知らずを抜歯しておくほうがよいでしょう。)

一人一人お口の中の状態も違いますので、気になる場合は一度歯科医院でご相談ください😊

FK

フッ化物配合歯磨剤

 

歯磨きでは、プラーク除去による虫歯予防効果が期待できますが、

100%プラークを取り除くことは難しく、ハブラシの届かない部分のプラークが取り残されてしまうことがあります。


ですが、フッ化物配合歯磨剤を使っていれば取り残されたプラークの中にいる虫歯菌の働きを弱めて、酸が作られるのを抑えやすくなります
さらに、フッ素が再石灰(部分的に溶け出した歯質(ごく初期の虫歯)にカルシウムやリンなどのミネラルが最沈着する現象)を促進し虫歯の発生を防ぐ効果が期待できます。
歯の質を改善して、酸の溶けにくい歯に強化することもできます。

今日本で購入できる歯磨剤はのはフッ素濃度1500ppm以下に定められています。

6歳までのお子様には500ppmまで

6歳〜14歳だと1000ppm

15歳以上ですと1000~1500ppmの濃度が推奨されています。

 

まずはハブラシやフロス歯間ブラシでプラークをできるだけ取り除くことが大切ですが、

歯磨きの際にはフッ化物配合歯磨剤を使ってより虫歯予防効果を高めましょう(^^)

 

TJ

ティーツリーオイルについて

当院では毎日できる限りのウイルス感染対策をしていますが、今回はティーツリーオイルについてお話しします(^_^)

ティーツリーとはオーストラリア原産の植物です。現地では昔から感染症の治療や傷の手当てとして多く使用されていました!

ティーツリーにはテルピネン4オールという成分が入っており抗菌や抗菌、抗ウイルスに大変優れているものです。ウイルスが流行ってる時期や花粉症対策に使用すると効果的です!

コロナウイルスが流行ってる今、ティーツリーオイルを使うことで感染対策ができます!

当院ではアロマデフューザーを6台設置しており、その中にティーツリーオイルを数滴入れてるので同時に加湿もしています◎

 

写真の中央にあるのがアロマデフューザー、右にあるのがオゾン発生器です。こちらにも除菌効果があるものなので診療室内に4台設置しています。

アロマデフューザーとしてだけでなく水拭き掃除の時にオイルを水の中に数滴入れて使用すると汚れがきれいに落ちたり、洋服や靴についてしまった匂いを消してくれたりするなど様々な効果がありますよ〜🪄

皆様の日常の中にティーツリーオイルを取り入れてみるのはいかがでしょうか🌿

NH

ロイテリヨーグルト

今回は当院でも患者様にお配りしているロイテリヨーグルトについてお話させていただきます☝

最近「林修の今でしょ!講座」(テレビ朝日系)で紹介され人気爆発中です✨

ロイテリ(菌)とは…ヒト由来の乳酸菌のことです。

「腸内フローラ」と呼ばれる腸内細菌については耳にされることもあるかと思いますが、実は口内フローラも存在します‼

お口のケアのためにロイテリ菌を効果的に摂取していくことがオススメです😁

💡ロイテリ菌の効果💡

  • 歯周病の改善
  • むし歯菌抑制
  • ピロリ菌抑制
  • カンジタ菌抑制
  • 感染症改善
  • 下痢改善
  • アトピー改善
  • 免疫細胞活性化
  • 夜泣き改善
  • 母乳の質改善

💡摂取方法💡

Step1.歯磨きをして口内環境を清潔にしましょう

Step2.お口全体にいきわたるようにゆっくりとお召し上がりください

この2ステップが基本です

💡お召し上がりいただく際のポイント💡

  • 歯磨き後時間をあける ※歯磨き粉の殺菌作用からロイテリ菌を守る
  • 毎日継続して摂取を心がける

ロイテリ菌は副作用ゼロのため年齢関係なくどなたでもお召し上がりいただけます‼

砂糖不使用のためむし歯リスクゼロなことも嬉しいですね☝

既に罹っている歯周病・むし歯を完治するわけではないので、この場合は歯科医院を受診しましょう。

ロイテリ習慣始めてみませんか😊

SN

お口の細菌と細菌性心内膜炎

細菌性心内膜炎とは心臓の内側を覆っている心内膜が細菌により炎症を起こすことを言います。

 

歯周ポケット内で増えた細菌😈は歯茎の血管から血液中に入り全身に広がることがありますが、

ほとんどの場合、体の防御システムによってすぐ排除されてしまいます。

しかし、心臓の弁に障害のある人、人口弁を入れてる人では弁のまわりの血液の流れがスムーズではなく滞っています😫💦

この部分では細菌が体の防御システムから逃れ、心臓の内膜に住み着いて増殖し、心内膜が炎症を起こし心内膜炎を引き起こします。

そして、そこで細菌の塊が作られます。

作られた細菌の塊により心臓の中の血流が障害され渦ができて、

血流がよどんだところに血の塊(血栓)ができます。

その血栓が心臓の弁から剥がれると、他の血管に飛んでいき

脳梗塞・心筋梗塞・心不全

を引き起こしてしまう原因になるのです‼‼😰

このように、お口の中の細菌は口の中だけではなく、全身の病気にも関わりがあります‼‼

なので、

歯周病や虫歯😈など放置せず、普段から身体と同じように定期検診を受け

悪いところは初期のうちに治しておきましょう☝💡✨

 

MR